ヴィアージュでクーパー靱帯をケア !

累計販売400万枚突破 !! 着けて寝るだけ!! 理想のバストをメイクする

実力派ナイトブラ【ヴィアージュ】

今回は、バストケアで非常に大切なポイント「クーパー靭帯」のケアについて、解説します。

そもそもクーパー靱帯って何?

クーパー靱帯は、バストの中を張り巡っている、乳頭、大胸筋、皮膚とつながったコラーゲン繊維の結合組織で、乳腺や脂肪を釣り上げています。

このクーパー靭帯の働きにより、上向きの美しいバスト、重力に負けずきれいな丸い形を保っているのです。

バストは9割が脂肪で、筋肉はありません。

このクーパー靱帯が脂肪を釣り上げる役割をしているので、伸びない・切れないよう日頃から予防をしましょう。

伸びたり切れたりすると元に戻りません。

また、損傷しても、切れても痛みは無く、加齢の場合は、クーパー靱帯の力がゴムのように弱まって伸びてしいます。

クーパー靱帯が切れる原因

原因1:就寝時にノーブラ

就寝時、バストは重力により、寝方によって左右や下に流れてしまい、常にクーパー靱帯に負担がかかり、ダメージを受けています。

また、寝返りなどの動きでクーパー靱帯が損傷することもあります

原因2:運動による損傷

ジョギングなどは、バストが揺れて、強い衝撃がかかります。

この様な運動はクーパー靱帯を損傷させることにつながります。

運動時はバストに衝撃が加わらないよう、ブラジャーで予防をすることが大切です。

原因3:加齢による変化

加齢により、クーパー靱帯がゴムのように伸びてしまったら、バストは垂れてしまいます。

クーパー靱帯は、一度伸びたら、元には戻らないので、伸びない様に予防するしかありません。

バストが大きい人ほど、重さがありますのでよりクーパー靱帯は伸びやすくなります。

原因4:成長期や出産による急激なバストサイズの変化

10代の思春期にバストサイズが急に大きくなり、重さでクーパー靱帯を損傷する事があります。

若くても、クーパー靱帯が伸びたら元に戻らないので、10代はバストが一番成長する年代なので、ケアがとても大切です。

また、妊娠時も、バストが2カップぐらい大きくなるので、重さでクーパー靱帯を損傷する事があります。

原因5:猫背など姿勢が悪い

猫背など背中を丸めているとバストの近くの筋肉が落ちてしまい、クーパー靱帯を支えることができなくなり、切れたり、伸びたりする原因となってしまいます。

原因6:ストレス等による血行不良

ストレスをため込んだり、姿勢が悪い状態が続くと、血行不良となり、クーパー靱帯に負担をかけます。

ま と め

日中はブラジャーを着用しますが、夜間は「締め付けが苦しい」「寝ているから重力がかからない」と何もつけずに寝ている方も多いと思いますが、実は寝返りで意外と動いているものです。

また、寝ている時にもバストには重力がかかるので、横になった時、上になった方のバストの重みで潰されたり、仰向けの時はバストが脇に流れて、クーパー靭帯損傷の原因になります。

しかし、昼用のブラジャーでは、夜間には痛かったり、苦しかったりするので、寝る時は不向きです。

また、安価な柔らかいナイトブラではサポート力がなさ過ぎてバストが逃げてしまいますので、あまり効果はありません。

だからこそ、ヴィアージュの着用をおすすめします。

ヴィアージュは昼夜ずっと着用できるブラジャーなので、毎日、継続的に着用してクーパー靭帯を守り、美しいバストをキープしましょう。

今ならお得に購入できるチャンスです。

\プレゼント キャンペーン実施中/
ヴィアージュを割引と特典付で購入はこちらをクリック!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする