生理中のバストケアについて

生理時に、バストが張り、大きくなりませんか?

それは、女性ホルモンの影響です。

卵巣ホルモンであるプロゲステロンは、排卵後に分泌される女性ホルモンで、水分を体の中に溜め込む性質がある為、プロゲステロンが乳腺に働きかけると、乳房が水を溜め込んで、むくんだ状態になります。

これがバストが大きくなる原因です。

今回は、この様な生理中のバストケアについて、解説します。

生理中のバストケア

1. 保湿を入念にする

生理中は、肌荒れや、乾燥になりやすく、肌トラブルに注意が必要です。

また、バストが敏感になっている為、かゆみや痛みを感じやすくなります。

特に生理中は、バストの保湿を入念に行いましょう。

2. 冷えに注意する

生理中は血液の量が減少し、効率よく体を温めることができなくなります。

また、女性ホルモンのバランスが崩れると、自律神経のバランスも崩れ、冷え性の原因になります。

その為、生理中は普段より冷え対策を行う必要があるのです。

具体的には、冷たい物を食べない、湯船に浸かる・カイロを貼る・体を冷やさない服装にするなどの対策が効果的です。

寒い時期だけでなく、暑い季節も、冷房が効いているので、気を付けましょう。

3. 生理中はマッサージをしない

生理中のバストは通常よりも水分を多く溜め込んでいるため、デリケートな状態になっています。

特に、生理1~2日目にマッサージをしてバストに刺激を与えると、生理の出血量が増える可能性もあります。

生理後は、血行改善の為に、身体の末端の血液やリンパを優しくマッサージしましょう。

4.補整力の強いブラジャーを無理に着けない

生理中は、いつもよりバストが大きくなっているので、一時的に、普段のブラジャーではサイズが合わない状態になっています。

ブラジャーの締め付けがきつく感じたら、着けるのをやめましょう。

補整力の強いブラジャーを無理に着けていると、バストの血行不良やクーパー靭帯を傷める可能性があるので、注意しましょう。

ワイヤー入りのブラジャーは、ワイヤー周辺が色素沈着になる可能性 もあるので、補整機能のあるノンワイヤーブラが理想的です。

「ヴィアージュ」は補整機能があるノンワイヤーのブラジャーなので「生理ブラ」としては「最強のブラ」と言えるでしょう。

昼間も夜間も着用できる構造。「ヴィアージュ」でクーパー靭帯を守り、美しいバストをキープしましょう。

↓↓サイズ交換可能!! Web限定の最安メニューはこちら(公式サイト)

\プレゼント キャンペーン実施中/
ヴィアージュを割引と特典付で購入はこちら!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする