バストアップにタバコは大敵【コラム】

タバコは肺がんの要因といわれていますが、それと同様に、タバコと乳がんも関係があります。

女性の喫煙者は乳がんになる確率が1.9倍になるという追跡調査の結果もあるほどです。

でも、実は、バストアップ、バストケアの為にも、喫煙は良くありません。

タバコには、バストアップに必要な「エストロゲン」の分泌量を減らすニコチンという物質が含まれています。

「エストロゲン」は美肌ホルモンとも呼ばれるほど、肌や髪を美しく保ち、女性らしいバストやヒップを作るホルモンです。

ニコチンはエストロゲンにも悪影響を与え、バストアップにとっても、大敵です。

タバコのニコチンがエストロゲンの分泌量を減らす理由

①ニコチンが血流を低下させる為、卵巣の血流が悪くなり、酸素欠乏が起こり、女性ホルモン(エストロゲン等)を作る為の酵素の働きを低下させるので、女性ホルモンができにくくなる。

②タバコの成分は肝臓でエストロゲンの分解を促進させるので、女性ホルモンの血液濃度を低下させる。

③タバコの成分は、カルシウムの代謝に悪影響を及ぼし、細胞の活力を低下させる。

また、ニコチンには、血管を収縮させる作用があり、タバコを吸うと血流が悪くなります。

血流が悪くなると、皮膚の温度が下がり、皮膚の新陳代謝が悪化し、肌のシミ・しわ・たるみが増え、皮膚の老化が早くなります。

さらに、ニコチンはメラニン色素を増やす作用もあり、シミができる原因となります。

ニコチンの他にも、一酸化炭素やタールなどのタバコの成分が卵巣の働きに悪影響を与えます。

それらのタバコの成分は、ビタミンCを壊す酵素を増やすので、美白や、肌を健康に保ち、ハリのある胸を作る成分でもあるビタミンCが減少します。

ま と め

このように、様々な理由から、バストアップ、バストケアの為には、タバコは良くありません。

また、喫煙により、肺がんや乳がんなど、がんのリスクも上がります。

健康や美肌の為にも、禁煙する事をおススメします。

【VIAGE ヴィアージュ】Web限定の最安メニューは↓こちらから(公式サイト)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする