ダイエット中でもバストアップ【コラム】

「ダイエットすると、バストも小さくなる?」

そう思っている方は多いと思います。

確かに、食事の回数や量を減らしたり、○○ダイエットの様に1つの食品だけを食べ続けたら、バストに必要な栄養分が不足した状態になり、バストが小さくなります。

今回は、ダイエットしながら、バストアップできる栄養素や食品をご紹介します。

太らず胸を大きくする食品

大豆製品

ご存知の方も多いと思いますが、大豆製品には、イソフラボンが多く含まれており、イソフラボンは女性ホルモンである『エストロゲン』に似た働きがあります。

大豆製品には、豆乳、豆腐や納豆などがあります。

特に、豆乳は低カロリーで脂質も少ないので、ダイエットに最適です。

普段飲んでいる牛乳を豆乳に変えると良いでしょう。

鶏 肉

バストの土台となるのは大胸筋で、その筋肉を作る為には、たんぱく質が必要です。

また、バストを上向きにするクーパー靭帯は、大部分がコラーゲンで構成されています。

このたんぱく質とコラーゲンが両方含まれているのが、鶏肉です。

鶏肉の中でも、脂肪分が少なく、低カロリーでたんぱく質が豊富なのが「ささみ」です。

ボ ロ ン

ボロンは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する成分です。

ボロンが豊富な食べ物は、野菜ではキャベツ、果物ではりんご・ぶどうなど、ナッツ類ではアーモンドやピーナッツなど、海藻類ではわかめ・ひじき・昆布などです。

ボロンは熱に弱いので、キャベツや海藻は加熱調理せずに、生で食べましょう。

ま と め

生理時にバストが大きくなるのは、女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が増える為で、エストロゲンには、もともとバストを大きくする働きがあります。

だから、バストアップにはエストロゲンが非常に大切です。

無理なダイエットで、食事制限をしたり、必要な栄養分が不足すると、これらの食品を多く摂っても、本来、分泌されている女性ホルモンが減少するので、意味がありません。

今回、ご紹介したバストアップできる栄養素や食品も大切ですが、一日三食バランスの取れた食事をしましょう。

【VIAGE ヴィアージュ】Web限定の最安メニューは↓こちらから(公式サイト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする