バストのニキビの原因【コラム】

気が付いたら、バストにニキビが・・・そんな経験はありませんか?

今回は、バストにできるニキビについて解説します。

なぜバストにニキビができるのでしょうか?

バストは皮脂や汗が多く出る部分ですが、ブラの上に服を着ているので蒸れやすくなり、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖します。

顔は、洗顔やスキンケアをするので、ニキビができにくいですが、バストは洗うのは入浴時のみで、ケアを怠ると古い角質が溜まって毛穴が塞がり、ニキビができます。

バストにニキビができる主な原因は、この衛生面の問題と、ホルモンバランスの乱れによるものです。

【ニキビができる原因】

バストのスキンケア不足

バストは皮脂腺が多く、汗をかきやすい部分的なので、ニキビができやすい部分です。

肌の毛穴がつまるとニキビができます。

ホルモンバランスの乱れ

女性は生理がある為、ホルモンバランスが崩れやすいのですが、不規則な生活やストレスによっても、ホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが崩れて、皮脂分泌を促すホルモンが過剰になると、皮脂の分泌が増え過ぎて、ニキビができます。

肌への刺激

紫外線や日焼け、胸元の金属アクセサリー、ブラジャーや洋服など、バストに触れるものが刺激となり、ニキビの原因になる事があります。

また、ボディーソープやローションによる刺激や、シャンプーやリンスの洗い残しなども刺激となり、ニキビの原因となる事があります。

ニキビを予防するには

清潔に保つ

暑い季節は、バストの谷間などに汗をかきますが、トイレに行った際に、ボディーシートや、濡らしたハンカチなどで拭き取りましょう。

肌を乾燥させない

皮脂は、ニキビの原因となりますが、乾燥肌でもニキビはできやすなります。

皮脂には肌を守るバリア機能もあるので、乾燥させないように、肌が皮脂を多く分泌するからです。

入浴後は顔の保湿だけではなく、バストも保湿しましょう。

また、強く肌をこすって皮脂を落とし過ぎたり、皮膚を傷つけると、そこからアクネ菌が入りやすくなるので体はやさしく洗いましょう。

食事に気をつける

油っこいもの、甘いものは、摂り過ぎに注意。

脂質や糖質を過剰に摂ると、皮脂の分泌が多くなる為、ニキビの原因になります。

また、ワカメなど海藻類も食べ過ぎないようにしましょう。

海藻類には「ヨウ素」が含まれており、過剰に摂るとニキビができやすくなります。

規則正しい生活やバランスとれた食事が基本です。

ストレスの解消

ストレスを感じている場合は、趣味の時間や、休日のお出掛けなど、自分に合ったストレスの解消を心がけましょう。

正しいホルモンバランスの為には、質のいい睡眠も大切です。

ストレスにより、よく眠れない人は、毎日、ゆったりとしたバスタイムを取りましょう。

体を温めて、好きな音楽を聴くと、自律神経が整ってリラックスでき、ストレスが軽減できます。

最近は、100均ショップで、500円程度のWi-Fiお風呂スピーカーも有るようです。

 ま と め

美しいバストには、ニキビなどの無い美しい肌を保つ事も大切。

ニキビだけではなく、美と健康の為にも、できる事から始めてみましょう。

【VIAGE ヴィアージュ】Web限定の最安メニューは↓こちらから(公式サイト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする