30歳からすべき美バスト習慣【コラム】

早い方は20代後半から下垂が始まりますが、大半の女性は30歳から下垂が始まります。

その年齢から、ホルモンバランスが変わるので、体型も変わっていきます。

大胸筋が減るので、バストダウンし、脂肪が軟らかくなる為、バストの脂肪が、背中や二の腕などに流れやすくなります。

ただし、これは、バストケアをしていない場合。

きちんとバストケアをしている女性は、30代でも40代でも、美バストをキープされています。

バストケアが必要なのは、出産後だけではありません。

30歳になったら、美バストをキープする為に、以下の点に注意しましょう。

美バストのNG習慣

姿勢が悪い

長時間のパソコン作業や、スマホ操作をしていると、猫背になりやすくなります。

長時間、猫背で姿勢が悪い状態が続くと、血行不良となり、胸に必要な栄養が届かないので、バストを支える大胸筋に悪影響を及ぼします。

大胸筋が衰えてしまうとバストが垂れる原因となります。

夜型の生活

美バストをキープするには、女性ホルモンが大切です。

女性ホルモンは「育乳のゴールデンタイム」と呼ばれる「22時~2時」の時間帯の睡眠時に、多く分泌されます。

この時間帯に起きていると、女性ホルモンが分泌されないので、バストダウンの原因となります。

ブラトップ(ブラキャミ)を着る

普段からブラトップを着用されている方は要注意です。

ブラトップは締め付けもなく、着心地が良いので、暑い季節の必須アイテムではありますが、美バストキープにはNGです。

ブラトップは、着心地が楽で、締め付けがないぶん、バストは固定されず、重力に無防備になっています。

バストは重力や揺れにより、クーパー靱帯が伸びたり損傷します。

30代は脂肪が軟らかくなり、クーパー靱帯も伸びやすくなるので、注意が必要です。

ダイエット

ダイエットで食事制限をするのも、バストにはNG習慣です。

バストは、ほとんど脂肪ですし、炭水化物なども、バストに必要です。

また、食事制限により量を減らしたり、○○ダイエットなど栄養が偏る場合は、バストに必要な栄養が足りなくなったり、ホルモンバランスが崩れるので、バストダウンする可能性があります。

30代からのダイエットは、美バストキープの為には、基本的にNGです。

悪い寝方

うつぶせ寝は、バストがつぶされ、お肉が背中や脇へ逃げてしまいます。

さらに、胸周りが血行不良となり、バストに必要な栄養やホルモンが届かなくなります。

横向き寝も、クーパー靱帯に下向きの重力がかかります。

重力の影響を受けにくく、バストに良い寝方は、仰向け寝です。

睡眠時は、ナイトブラを着用しましょう。

体に合わないブラ

ブラジャーは、バストを固定し、下垂の原因となるクーパー靱帯の損傷から守っています。

ブラジャーのサイズが合っていないと、その役割を果せません。

また、体型やサイズが変わったり、妊娠、出産などがあった場合も、その都度、サイズの合ったブラを着用しましょう。

↓↓サイズ交換可能!! Web限定の最安メニューはこちら(公式サイト)

\プレゼント キャンペーン実施中/
ヴィアージュを割引と特典付で購入はこちら!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする