バストアップにNGな事は?【コラム】

バストアップの為に、やってはいけない事とは何でしょうか?

今回は、バストアップにNGとなる事について解説します。

バストアップにNGな事

ダイエット

バストは、ほとんど脂肪でできています。

ダイエットで、脂肪が落ちると、バストアップはしません。

逆に、バストが小さくなる可能性もあります。

姿勢が悪い

スマホやパソコンを長時間していると、ついつい猫背になりがちです。

猫背の姿勢だと、首や肩の筋肉が収縮して硬くなり、血管を圧迫するので、血行不良となり、バストに必要な栄養が届かないうえ、老廃物も溜まります。

体を冷やす

寒い季節だけでなく、暑い夏場も、冷房で「冷え」になります。

人体は、自律神経により気温に順応できます。

暑い時は、体温を下げる為に、血流を活発にして発汗させます。

冷房で寒い時は、体温を維持する為に、血管を収縮させて、血流を抑えます。

それが「冷え」の原因です。

羽織るものを用意したり、温かい飲み物を飲むなどして、体の外と内から、体を温めましょう。

ストレスを溜める

バストアップにはホルモンバランスが非常に重要です。

ストレスを溜めるとホルモンバランスが崩れやすくなるので、ストレス解消に努めましょう。

毎日の入浴でリラックスタイムを作る、休日は趣味の時間や、買い物、旅行など、自分に合った方法で、ストレス解消に取り組みましょう。

ノーブラ

バストアップの為には、ブラジャーは必須アイテム。

バストは、やわらかい脂肪でできている為、重力の影響を受けやすい部分です。

外出時だけでなく、家でも、夜間も、ブラジャーは着用しましょう。

合わないブラジャー

体に合わないブラジャーを着けると、バストの下垂や型崩れになります。

数ヶ月に一回は採寸し、自分のサイズを確認しましょう。

ランジェリーショップで採寸をしてもらうのが理想的です。

常にサイズの合ったブラジャーを着ける様にしましょう。

バストが揺れる運動

バストは振動に弱いので、バストが揺れる激しい運動をすると、バストの脂肪を支えるクーパー靭帯が切れたり、伸びたりして、下垂になる可能性があります。

運動する場合は、バストをしっかりとホールドできる補正タイプのブラジャーを着用しましょう。

【VIAGE ヴィアージュ】Web限定の最安メニューは↓こちらから(公式サイト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする