年齢とともにバストが下垂?アップミースタイリングブラで予防 !!

女性にとって、アンチエイジングは永遠のテーマですね。

個人差もありますが、女性は、20代の約3割、30代では実に8割が、加齢によりバストが下垂していると言われています。

なぜバストは下垂するのでしょうか。

それには、大きく3つの理由があります。

今回は、バストが下垂する原因や、下垂の対策について解説します。

加齢でバストが下垂する原因

①加齢で乳腺がしぼみ脂肪の割合が増える

加齢により、女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、乳腺組織の萎縮が進行します。
バストの脂肪は柔らかい組織である為、乳腺組織の支えが無くなるとバストは垂れていきます。

②加齢によるクーパー靭帯の衰えや損傷

クーパー靱帯は、バストの中で無数に伸び、張り巡っている、乳頭、大胸筋、皮膚とつながったコラーゲン繊維の結合組織で、乳腺や脂肪を釣り上げ、上向きの美しいバストを保つ働きをしています。

加齢により、クーパー靱帯の力がゴムのように弱まって伸びていき、胸を支える力が衰えてきてしまいます。

また、加齢により損傷しやすくもなりますが、伸びたり切れたりすると元に戻りません。

③加齢による皮膚の伸縮性の低下

皮膚は表皮、真皮、皮下組織から構成されています。

真皮は7割がコラーゲンで出来ていますが、加齢によりコラーゲンが減少すると、皮膚の伸縮性が低下します。

皮膚の伸縮性が低下すると肌のハリが失われます。

加齢による下垂の対策として

下垂の一番の原因は、クーパー靭帯の損傷です。

対策としては、バストのクーパー靭帯を重力から守る事ができるブラジャーを毎日、昼夜ずっと着ける事です。

昼間はブラジャーを着用しますが、夜間は「締め付けがきつい」「寝てたら重力がかからない?」とノーブラの方もいらっしゃると思いますが、夜間にもバストには重力がかかっています。

仰向きに寝ていても、バストが脇に流れて、クーパー靭帯損傷の原因になります。

でも、昼用のブラジャーでは夜間は痛かったり、苦しかったりするので、寝る時は不向きです。

また、昼用のブラジャーは、下方向への重力が中心となる為、下方向の重力に特化した構造となっています。

一方、夜用のブラジャー間は横方向へバストに負担がかかる為、左右の重力に特化した構造となっており、昼用のブラジャーとナイトブラは、昼夜、それぞれに対応した構造になっています。

夜間は、昼用ブラではなく、ナイトブラを着用して、クーパー靱帯を守り、バストの下垂を予防しましょう。

「アップミースタイリングブラ」は昼間も夜間も着用できる構造のブラジャーなので、毎日、継続的に着用してクーパー靭帯と皮膚組織を守り、加齢に負けず、美しいバストをキープしましょう。

今なら最大約35%オフで購入できるチャンス!! 
アップミースタイリングブラの購入 Web限定の最安メニューはこちらから
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする